添削クラブ

ようこそ『わくわく 添削クラブ』へ
Welcome to
Waku?waku Writing/Correcting Club

英文ライティングの実力は適切な解説指導の下にこそ養われます。
特に自分の英訳作品が親切に添削され、 厳しい注意を受けてこそ初めて劇的に進歩します。ぜひ試してみてください。

この『添削クラブ』は有料ですが、 コーヒー代にも満たない少額で一生の宝物になる、人もうらやむ語学の実技力が身につけられることを考えたら、 真剣な人ほど意欲がもりもり沸いてくるはずです。 かく言うわたしも真剣そのものなのです。

 

責任指導 中野幾雄
国立ミンダナオ大学 名誉教授
朝日カルチャーセンター(新宿) 講師

編集発行人 渡辺万三男(ワタマン)

クラブ入会案内

● 入会金:不要

● 添削料金:1例文につき 100円
  お申し込みは千円刻みで 3千円以上とします。

● 送金先:申し込み後に送られるメールに記載された
  銀行または郵便局にお願い致します。
  振り込み手数料はご負担ください。


Part1 全130問  パート1の問題一覧をみる





★添削クラブへのお申し込みはこちら★


●添削問題の送付と添削クラブメンバー番号
上記申込書が当方に届き、 入金の確認がとれ次第、 金額に関係なく添削問題を初・中・上級合わせて100問題以上をメールにて貴殿にお送りします。
その中からご自由にしかし挑戦的にお選び下さい。
この問題送付と同時に貴殿に「添削クラブメンバー番号」をお送りします。
貴殿の英訳作品にはこの「添削クラブメンバー番号」をお名前の後に必ず明示してください。

●添削問題の選択と作品
選んだ問題はその和文と記号番号を、そしてその下に貴殿の氏名と英訳作品を記し、メールにて作品をお送りください。
このとき貴殿の氏名のあとは上記で述べた「添削クラブメンバー番号」を必ず記してください。
送金金額の範囲内であれば、一回に何問でも構いません。たとえ1問でも5問でも貴殿の自信作を、または "あやふや" 作品でももちろん大歓迎です。
"書いて直される"ところに意義があり大きな進歩が生まれるのです。

●添削問題のご返却
多少のずれがありましょうが、遅くとも作品受領後三、 四日以内に添削の上、緻密で極めて筋道の通った分かりやすい解説指導書をつけて貴殿にメールします。

●直されてこそ進歩が
作品の送付、返却が繰り返されてゆくうちに目覚ましい進歩に驚かされます。
現に「毎日3分」 の愛読者様から
"極めて理論的で分かりやすく短期間のうちに急速に英訳力に自信がついた。 仕事にこの writing の力が大いに役立っている。"
或いは
"和文ヲ巧みにさばくこの方式は他にその例をみないのではないか。 "
など感謝のお言葉が相次いで当方に届いております。
講師としてなお身にあまる光栄で嬉しい限りです。

●成績が優れている方
どうぞ、 こちらがビックラするような英訳作品に挑戦してください。
優秀な方、将来見込みある方には特訓の上お仕事をぜひお願いすることがあります。
また "これは" と思われる素晴らしい作品を寄せられた方には事前にお断りの上、
『毎日3分・英作文しゃべれば英会話』誌上に発表させていただきます。

それでは私 中野幾雄 を信じた方々のご入会をお待ちしております。

Note: いかがでしょう。 上記案内文をスラスラ英訳できる実力がほしいですね。

人もうらやむそんな実力が確実にしかも短期に身につくのが、今皆様のご愛読の毎日3分英作文しゃべれば英会話講座ですが、これをさらに加速させるのが
この 『わくわく添削クラブ』 なのです。
英会話もこの作文力あってこそ、だと思いません?




★添削クラブへのお申し込みはこちら★